tomatos's tomblr
知り合いに、海外には女騎士とか女教師みたいなジャンルの中に「車がエンストして動かなくなった女」ってジャンルがあると聴かされて必死で笑いこらえてる

カナダコーチへのインタビューで

「見ていることができなかった。ロシア代表のガファロフ選手に母国で恥をかかせたくない一心だった」と思いを語ったのだという。

なんて暖かい話なんだろうと。

が・・・話はこれで終わりではなかった。

実はこのカナダコーチは結婚をしています。このカナダコーチの妻は元アスリートでトリノ五輪のスキー距離女子団体スプリントのチーム員だったそう。その妻のチームメイトがトリノ五輪スキー距離女子団体スピリントの決勝戦でストックが折れてしまうというハプニングが起こったのだそうだ。

メダルのかかっている決勝戦。そんな中起こったハプニングによってメダルは絶望的と思われたが、その中でまさかの事態が!

なんと決勝戦に出ているノルウェーのコーチがコースに飛び出て、カナダチームに新しいストックを渡したのだという。これだで驚くのは早く・・・

実はストックが折れていた時にカナダは4位まで後退し、メダルの届かない順位にいた。そして自分のチームのノルウェーはカナダよりも前におりメダル圏内だったそう。このまま放っておけば強いカナダは順位を落とし、自国のチームがメダルを獲得するという状況下でストックを手渡したのである。

その結果、カナダチームは順位を上げ、銀メダルを獲得。反面、自国のノルウェーチームは4位となりメダルを逃すこととなった。

メダルにこだわる人間ならば有り得ない行動で、その優しさを侮辱され続けるだろう。そんな中の勇気ある行動。

が、しかしカナダ・ノルウェー両国で話題騒然となり、批判等をするのではなく、このコーチを讃えたのである。カナダからはこのコーチに7400個ものメープルシロップが送られ、ノルウェー国内でもコーチが支援するガン撲滅慈善団体に270万円もの寄付が行われた。

このトリノ五輪の恩、優しさ、五輪マークの示す「他国との輪」という本当の意味の大会を行うために、ソチ五輪でカナダコーチは飛び込んだのだという。

今日整体だったんだけど、腕のとこ押されて
「ここ痛いですか?ビールよく飲む人痛いんです」

って言われて超痛かったわけだけど、

「肝臓とかですか?」って聞いたら

「いえ、ジョッキ重いですからね」

って言われて笑ってしまった。

Twitter / izuminie (via yasunao)
文字を書ける人が少なかった時代、文章を書くことは魔術のようなことだった
そのことが妖しい魅力、性的魅力を指すようになっていったから
グラマーということばには文法と魅力という意味がある
「あなたが会う人は誰でも何かを怖れているし、誰かを愛しているし、何かを失った人なのだということということを憶えておきなさい」
2008-01-22 - あっち向いてホイ (via furudanuki) (via fishandmush) (via miki7500) (via 115) (via kml) (via ukar) (via motomocomo) (via kiri2) (via bo-rude) (via malmrashede) (via markie) (via ne3) (via charmingme) (via jumitaka, rrn)
2010-01-04 (via gkojay) (via netinago99) (via uessai-text) (via sitelog) (via x1010) (via motovene) (via daizydaizy) (via edieelee) (via onehalf) (via suzukichiyo) (via floatingprds) (via petapeta) (via nemoi) (via aokie) (via jinon) (via noboko) (via morry458) (via s-hsmt) (via shinjihi) (via carbondoubt) (via s-hsmt) (via hsmt) (via yarigatake) (via darylfranz) (via shortcutss) (via yellowblog) (via eternityscape)
外食する時に店員さんに「おすすめは何ですか?」って聞くのが好きだった おすすめを聞かれると店員さんが人間に戻る
最近のポップミュージックには、必ずと言っていいほど「言いたいこと」が含まれてるでしょう。でも、音楽で世界に対するメッセージとか、僕は別に聴きたくないんで
死んだおじいちゃんの「暗くて絶望的になる映画は若くて心が耐えられるうちに見ておいたほうがいい。年をとってくると暗い物語が耐えられなくなる。楽しい話、幸福な話しか見たくなくなってくる」っていう忠告が、割と胸に残っているな。
(via xomorickyxo)
抽象的に人を見る人は、好き嫌いで人を判別せず、「この人からなにか自分に得られるものはないか」という興味を絶えず持っているものである。好き嫌いだけで判断していないために、「思慮深く」なる。そして、この「思慮深さ」というものは、思慮が浅い人にはまったく認識さえできない。

The Power of 48 minutes などの記事でも紹介されていましたが、このテクニックは1時間を 48 分と 12 分に分割して、48分間はすべての雑音をシャットアウトして集中して仕事を片付けていき、その後12分間リラックスしてトイレにいったり、コーヒーを飲んだり、ちょっとメールをチェックしたりするというものです。

たったこれだけのテクニックですが、リンク先のブログにはこのテクニックを1日4回実行させることで、200ページの本を2週間で書き上げた人の話 も紹介されていて、仕事のペースを作るのには非常に役立ちます。48分:12分 の分け方も恣意的ですが、実際にやってみると良い目安となっています。私の意志が弱いだけかもしれませんが、どうも集中力というのは1時間ちょうどではな く、せいぜい1時間弱しかもたないようです。

このテクニックが有効なのは、やる気や集中力を燃え尽きる直前のところで制御するという点にあります。